キャンドルのメンテナンス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3本芯蜜蝋キャンドルの燃費を検証する
3本シンのキャンドルは、炎の数が多い分、1本シンのキャンドルに比べてヘリが早いといわれます。
炎が3倍なのですから、当然と言えば当然ですが、実際はどうなの?という疑問がわくものです。

フェイロニアン蜜蝋キャンドルの「リアクター」=3本芯の特大キャンドルで、連続燃焼時間を検証することにしました。

検証する蜜蝋キャンドルはこちら。

【リアクター3本芯】 ¥33,000-

3本芯のキャンドル

夜になり、炎の最も美しい時間になりました。

検証スタートです!

リアクターの芯は太めです。ライターでは普通の蜜蝋以上に、着火に時間がかかります。マジックウィックを使うことで、下の写真の様に小さな火が点き、そのまま適正な炎へ育っていきます。
着火時間はたったの1秒です。ライターで点火する場合は、チャッカマンなどのトーチの長いライターをおすすめしますが、なかなか着火しないために、ガスがすぐになくなります。
経済的にも、マジックウィックを使わないメリットはなさそうです。キャンドルと同時購入で33%OFFなのです。

マジックウィック販売ページ tablakatabla.com

マジックウィックで着火

さぁ、
そろそろ30分が経ちました。見ていなくてもいいのに、つい、見入ってしまう美しい炎です。
炎の周りが500円玉ほど溶け始めて、3つの輪が融合していく時間です。
我が家では「ミッキー」と呼んでいます。リアクターの3.本の芯は、太さを変えてあります。つまり、炎の大きさがデザインされているのです。

30分後のキャンドル

息を飲む美しい光景が続いて、1時間が経過し、1度だけシンをハサミで2mmほどカットしました。

炎が大きくなってくれば燃費がわるくなります。常に適正なサイズに保つことが、効率的かつ上手な使い方です。カットしたシンは、水の入った缶などへ捨てて確実に消火したことを確認します。

90分後のキャンドル

この辺りから、溶けた蜜蝋は横への広がりを控えプールの深さが変化していきます。
音楽と灯りで過ごすキャンドルナイト。1時間はあっという間に経過します。暖房器具が無い家の1月3日ですが、炎の熱は絶大です。部屋が暖かくなりました。

3時間後のキャンドル

3時間が経過するあいだ、40分から1時間おきに、シンをカット(調整)しました。つまり、着火からたった2回~3回の調整だけです。今回の検証では、便利なフィリンは使っていません。
蜜蝋の甘い香りが上昇気流にのって部屋へ広がります。炎の上へ手をかざすと、その気流を感じることが出来ます。ハウスダストを燃焼し、空気を浄化する自然のシステムです。炎はパラフィンキャンドルよりも熱いため完全燃焼が続きます。

下の最期の写真を見てください早くも4時間が経過してしまいました。プールのサイズは1時間前と大差ありません。安定して静かに効率よく燃焼を続けています。
それにしても、今夜はとても心地よい、正月にふさわしいキャンドルナイトです。

4時間後のキャンドル

慣れてくれば、淵から1~2センチ手前までプールが広がるまで、燃焼させることが出来ます。
(↑分かりにくい日本語ですみません。でも説明の通りなのです。)
ところが、ご覧の通り、4時間経過してまだ、余裕の「壁厚」です。淵までまだ3センチ以上残っています。

引き続き検証を続けたい気持ちはありましたが、
癒されすぎてダウン。夜中の2時過ぎに消灯&就寝となりました。

仮に引き続き検証を行った場合、経験上、プラス1時間は確実です。
シンの長さを適正に保つことで、カタログスペック以上の「低燃費」も実現可能です。

そんな3本芯リアクターは、今期も天然色で3色揃いました。
あなたがもし、冬季しか灯さないのであれば、5年10年持つ特大キャンドルです。

【検証結果まとめ】

蜜蝋の説明はここでは割愛しますが、本物の「ナチュラル&オーガニック」な100%蜜蝋キャンドルは、やはり、想像以上の低燃費でした。

フェイロニアン蜜蝋キャンドルは。シンも植物の繊維で手作りしています。丈夫なシンが燃え尽きることなく、高温の蜜蝋の燃焼を支えてくれるのです。そのシンの長さを、適性に保つこと。これがキャンドルマスターへの大きな一歩です。

1本シンの最大直径シリーズは「EF」で、リアクターより7cmも直径が小さいのに、5時間半以上連続燃焼します。
「EF」よりシンの本数が3倍に増えても、「リアクター」は一度に4時間以上灯せることが証明されました!

消火するときには、プールにシンを倒して消しましょう。吹き消すのは芯にとってNGで、煙がでます。

3本芯キャンドル・リアクター販売ページ tablakatabla.com

スポンサーサイト
蜜蝋キャンドルを長時間燃焼させるコツと方法
蜜蝋キャンドルの長時間燃焼

フェイロニアン蜜蝋キャンドルの「EF9」というキャンドルは、本当に長時間燃焼するかを実験してみました。

点火から消火まで実に5時間半。
6時間でもいけそうでしたが、眠気に負けて実験終了となりました。

フェイロニアン蜜蝋キャンドルは、直径サイズが3種類あり、連続点灯時間によって、選ぶように作られています。
その中で、今回紹介する「EFシリーズ」は、最も直径の太いタイプで、カタログスペックで4~5時間の連続燃焼が可能です。

1時間もの差が生じる理由は、「どれだけ芯の長さを適正に保ったか」が影響します。
点灯してから放置した場合、蜜蝋が減るにつれて芯が長く残り、炎がどんどん大きく成ってきてしまいます。

炎が大きくなれば、蜜蝋の減りは早まり、連続燃焼可能時間も短くなります。
長く、安定して、低燃費に、ススを出さずに、上手く灯すコツは、

30分から1時間おきに芯をカットし、炎の大きさを適正に保つこと。

これに尽きます。

写真の 1h と 2h では、炎のサイズが違いますね。
これは、伸びてきた芯を、はさみでカットしたからです。長さにして2mmほどでしょうか。

こうして蜜蝋キャンドルの芯の長さを適正に保つことで、カタログスペック以上の連続燃焼も可能になります。

【消火の際にはハグを忘れずに】
写真の 4.5 h と 5.5 h を見てください。 炎の長さが短くなっています。実はここではカットしていません。
減った蜜蝋の穴を埋める様に、ハグ(指でキャンドルの端を中央へ押し込む)します。
溶けた蜜蝋の水位が上がり、結果的に芯が短くなります。

こうすることで、次回の点灯時、適正な炎でスタートできるというわけです。
ハグをしても、芯が長い場合には、遠慮なくカットしましょう。
カットした芯が燃えている場合には、水を入れたビンや缶など安全な容器へ捨て、確実に消火したことを確認しましょう。

ついついいじりたくなる、癒しの存在=100%蜜蝋キャンドルを上手に活用し、暖かい冬を過ごしましょう。

■ 実験で使用した蜜蝋キャンドル「EF9」は、10,800円(税込)で販売中です。
1万円以上10%OFFセール開催中です。

蜜蝋キャンドルの「EF9」は長時間燃焼が可能な設計で作られています。
短時間で消火してしまう「ちょっとずかい」には、向きません。

【EF9の販売 ページ中段ほど】
http://www.tablakatabla.com/candle1.html
マジックウィック 蜜蝋キャンドル着火芯
マジックウィック
マジックウィック

マジックウィックは、濃厚な100%蜜蝋キャンドルへの「瞬間着火」を可能にする専用シンです☆
近年注目を浴びている「蜜蝋キャンドル」ですが、実は太古の大昔から活用されていた天然100%のナチュラルキャンドルです。

みつろうキャンドルとして販売されている商品の中には、蜜蝋以外の成分を添加しているものが多く存在します。
パラフィンやソイワックス(※ 水素添加されて合成されるワックスで、ナチュラルワックスではありません)そのほかナッツオイルなど、様々なMIX商品が存在します。
これらのメリットは、価格が抑えられることと、着火が容易なことが挙げられます。

ところが、

蜜蝋だけで本物の「100%蜜蝋キャンドル」をつくると、驚異的な燃費のよさを誇る「自然生まれ」のキャンドルとなりますが、1つだけ気になる点があるのです。
それが、「着火に数秒多くの時間が必要」という事実。

燃費のよい「蜜蝋」は、パラフィンやソイワックス、パームワックスなど安価なワックスに比べて融点が高く溶けにくいのです。その性質がススを出さない完全燃焼と優れた高燃費につながるのですが、着火するときに、すぐに火がつかないのです。これは本物の蜜蝋キャンドルのもつ特徴の1つでもあります。

その個性を楽しみながら、いつもより数秒ながく火をつける作業は、心のなごむ素敵な時間であり、ゆっくりと流れる時間をたのしむための最初の儀式のようなものですが、忙しいときには「瞬間着火できればなぁ」と思うのです。。。(笑)

そこで誕生したのがこの「マジックウィック」!
材料にパラフィンを使えば、もっと早く完成させることができたはずですが、やっぱり、蜜蝋で作りたかったのです。それも蜜蝋100%にこだわりたかったのです。

キャンドルと同じ、世界最高品質の蜜蝋だけを使って完成したタブラカタブラのオリジナル商品は、たくさんのユーザーに愛されて2年がたちました☆
小さな改良を重ねながら、たっぷりと時間をかけて、すべての指を蜜蝋だらけにしながら楽しく作っています。
一度にたくさんを作ることができませんが、「これはいいね!」を体験していただける品質をこれからも守り続けたいと思っています。

100%蜜蝋キャンドルを買うついでに、同時購入されれば33%OFFでサービス中!
便利な瞬間着火シン・マジックウィックを是非おためしください☆


蜜蝋キャンドル販売←クリック!蜜蝋キャンドルのページへ
蜜蝋キャンドルの芯
蜜蝋キャンドル専用着火芯~マジックウィック~

久しぶりの「在庫有り!」
つくり終えた手からは、あま~い蜜蝋の香りがしています。
蜜蝋キャンドルの芯

純度100%の蜜蝋キャンドルは、驚くほど燃費のよい最古の灯りです。
火が灯ると1本ずつ「手でよって作った」植物繊維のキャンドル芯が蜜を吸い上げながらやさしい炎を揺らします。

効能や香り、色味、燃費、どれをとっても非の打ち所がない100%みつろうキャンドルには、ひとつだけガンコな個性がありました。
それは蜜蝋が濃厚であり、100%であるからこその特徴=「着火に数秒多くの時間を要す」ことです。
石油から作られる一般的なキャンドルは、原材料の特性から「着火は非常に容易」ですが全てが自然生まれの蜜蝋キャンドルは違います。
濃厚な蜜蝋がライターの火で溶けるまでに、少々多くの時間がかかるのです。
その代わりに、この特徴こそが「世界中のキャンドルの中で最も優れた燃費」を誇るのです。

現在、クリーンな蜜蝋キャンドルに火を灯す際、私達はライターやマッチを使うことになります。
この時間を短縮し、効率よく「瞬間着火」が出来ないものか。。。
こう考え出して何年が経ったでしょうか。
試行錯誤と失敗の繰り返しの中で、「オーガニックコットン、オーガニックヘンプ、キャンドルと全く同じ濃厚な100%蜜蝋」を材料とした蜜蝋専用の「瞬間着火芯」が誕生しました。

全て手作業であることと、充分なロウの浸透を促すために長期の漬け込み時間が必要なことがあり、
「在庫切れ」を繰り返しているオリジナル商品です。
100%みつろうキャンドルをもっと気軽に使ってもらいたいという気持ちから生まれた「マジックウィック」は、キャンドルと同時購入で33%OFF!の超大特価で提供しています。

今後とも在庫切れのご迷惑をおかけすることと思いますが、是非一度お試し下さい。
1袋で100回以上の瞬間着火が可能です☆

蜜蝋キャンドル専用・瞬間着火芯~マジックウィック~販売中!


蜜蝋キャンドル販売←クリック!蜜蝋キャンドルのページへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
  にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。