蜜蝋キャンドル-3本芯

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3本芯のキャンドル
3本芯の蜜蝋キャンドルと言えば、リアクター。
その、ミニバージョンが、MINIリアクターです。

何度も紹介してきた人気キャンドルで、サイズはEFと同じです。
そこに、芯が3本立っているスペシャルキャンドルです。
原材料は、もちろん、世界最高品質の蜜蝋を100%使用。
キャンドルの芯も、天然繊維を手で縒ったナチュラル芯です。コットンすら使っていません。

3本芯キャンドル
(↑ページ中ほどに記載)

3本芯キャンドルのメリットは、なんといってもこれに尽きます!

約3倍の効果、香りも豊かで、部屋に広がる時間も早い!

そして、この存在感。直径は、CDとホボ同じです。白いCDの上に、キャンドルを置いてみました↓
ミニリアクター直径


そして、この美しさ。。。
3本芯キャンドル

芯の本数が多いため、1本芯のキャンドルと比べれば長寿命ではありませんが、それでも約500時間!燃焼します。(カタログスペック)

ゴールド、キャラメル、チョコレート、お好きな色で500時間のワンダフルナイトをお楽しみください!

蜜蝋キャンドル販売ページ
スポンサーサイト
蜜蝋キャンドル・リアクター!
蜜蝋キャンドル・リアクターのチョコレート

蜜蝋キャンドルのリアクター

まだ寒さの残るこの季節、見事なブルームはご覧の通り健在です!

100%蜜蝋キャンドルの証しの本物印。

燃焼時間は 3000時間。
100%蜜蝋キャンドルの王様と呼ばれるにふさわしい規格外の癒し装置は、定価34,650円です。
数字をみて高い!と驚くのは待ってください☆

そのびっくり!は正しい反応ですが、もっとびっくりするお話があるのです。
蜜蝋は、ハナの蜜から蜜蜂が作り出す天然成分。その希少性をお話したかったのです。

1匹が一生涯に作り出せる蜂蜜は、ティースプーンに1杯程度といわれています。
そして、蜂蜜を「蜜蝋」へ体内で変換する場合、その量は7分の一から10分の一に減ってしまいます。

つまり、1匹が一生涯に作り出せる「100%蜜蝋」の量は、ティースプーンの10分の1杯程度。
この蜜蝋が私達にもたらす恵みは、明かり、香り、栄養素、そして、そこから生まれる癒しや活力へとつながり、太古から現代まで人類の生活を支えてきました。

切り株のような風格さえ漂う3本シンの「リアクター」は、そんな貴重な蜜蝋だけで作られています。
また、蜜蜂が生産する蜜蝋のなかでも、キャピング蜜蝋と呼ばれるもっとも香り豊かな「最高級部」のみの蜜蝋で作られた贅沢なキャンドルは、フェイロニアンキャンドルが宣伝もせずに愛され続けている理由の一つです。

蜜蝋キャンドル3本シン

もうすぐ街には桜が咲こうとしています。
春が訪れ、蜜蜂も活発に活動を開始する頃、このブルームと呼ばれる白い雪景色は消えてゆきます。
まるで山々の雪が溶けていくかのように、気温の上昇とともに見えなくなってゆくのです。

次にお目見えするのはまた雪の似合う寒い季節です☆

100%天然蜜蝋は、蜜蝋キャンドルという製品に姿を変えても尚、自然とともに息づいている。
そんな思いをはせながら、今夜もキャンドルナイトです♪

蜜蝋キャンドル販売←クリック!蜜蝋キャンドルのページへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
  にほんブログ村

蜜蝋キャンドルに浮かぶ星空
蜜蝋キャンドルのゴールド


フェイロニアン蜜蝋キャンドル、それは限りなく贅沢なキャッピング蜜蝋100%のキャンドルです。
そして、寒さの迫る頃、表面に浮き出てくる模様は「ブルーム」と呼ばれています。

これは純粋な100%蜜蝋のあかし。
暖かい部屋で保管しているキャンドルには見られません。
世界の愛好家達は「ブルーム」を育てるために、わざわざ寒い納屋などで保管しているという話もうなずけます。

12月14日・15日と地球をにぎわせてくれた宇宙からのニュースは「ふたご座流星群」でしたね
そして本日16日は「寒気が当来!」という冬らしいニュースでした。

100%蜜蝋キャンドルの表面にも冬模様☆
それは、流星群に出会えそうな、甘い蜜の香りの星空です。

蜜蝋キャンドルには個体差があります。
全てのキャンドルに同じような模様が出るとは限りません。

でも、ゴールド色の蜜蝋に広がる星空は、いつまでも見ていたい、とってもあたたかい冬空です
写真の3本心は、ミニリアクター ¥11,350-

蜜蝋キャンドルのページ中ほどです♪
http://www.tablakatabla.com/candle1.html
2010キャンドルナイト冬至

蜜蝋キャンドル販売←クリック!蜜蝋キャンドルのページへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
  にほんブログ村

3本芯キャンドル
3本芯キャンドル

3本芯のキャンドルです。
この至福の時間。。。

写真からでも伝わってほしい、甘くとろける蜜蝋の香り。
直径の大きなキャンドルには、3本の芯を持つシリーズがあります。

このキャンドルに秘められたメッセージは「調和」です。
3本の芯の周りが、それぞれ溶け始めて、3つの輪が1つへと向かって行く景色。

いまこの瞬間は、1つの強い輪が、2つの輪をひきつけている。
そしてまもなく、全ての輪が溶け合って、大きな一つに和していきます。

リアクター」というキャンドルの、ミニサイズでありながら、約500時間の燃焼性能。100%キャピング蜜蝋ならではの長寿命。火をともしたら本でも読んでくつろげばいいものを、気がつけばずっと、これを眺めている自分がいます。

部屋にはすっかり甘い香りが広がって、
今夜はこのまま、キャンドルナイトです。

蜜蝋キャンドル販売←クリック!蜜蝋キャンドルのページへ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
蜜蝋に虹
蜜蝋キャンドルと虹

晴れた日、蜜蝋キャンドルに日が差して

いつもより甘く香っていました。

晴れた日の太陽は、透き通るガラスを通り抜けて、

虹になりました。

キャンドルの上の虹は、とっても早く移動しながら、

20秒も立たずに床に落ちました。


たった20秒。

幸せな20秒でした。



蜜蝋キャンドル販売←クリック!蜜蝋キャンドルのページへ

蜜蝋キャンドル-Blog Ranking 今日も素敵なキャンドルタイムを!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。