2011年04月

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜蝋キャンドル・リアクター!
蜜蝋キャンドル・リアクターのチョコレート

蜜蝋キャンドルのリアクター

まだ寒さの残るこの季節、見事なブルームはご覧の通り健在です!

100%蜜蝋キャンドルの証しの本物印。

燃焼時間は 3000時間。
100%蜜蝋キャンドルの王様と呼ばれるにふさわしい規格外の癒し装置は、定価34,650円です。
数字をみて高い!と驚くのは待ってください☆

そのびっくり!は正しい反応ですが、もっとびっくりするお話があるのです。
蜜蝋は、ハナの蜜から蜜蜂が作り出す天然成分。その希少性をお話したかったのです。

1匹が一生涯に作り出せる蜂蜜は、ティースプーンに1杯程度といわれています。
そして、蜂蜜を「蜜蝋」へ体内で変換する場合、その量は7分の一から10分の一に減ってしまいます。

つまり、1匹が一生涯に作り出せる「100%蜜蝋」の量は、ティースプーンの10分の1杯程度。
この蜜蝋が私達にもたらす恵みは、明かり、香り、栄養素、そして、そこから生まれる癒しや活力へとつながり、太古から現代まで人類の生活を支えてきました。

切り株のような風格さえ漂う3本シンの「リアクター」は、そんな貴重な蜜蝋だけで作られています。
また、蜜蜂が生産する蜜蝋のなかでも、キャピング蜜蝋と呼ばれるもっとも香り豊かな「最高級部」のみの蜜蝋で作られた贅沢なキャンドルは、フェイロニアンキャンドルが宣伝もせずに愛され続けている理由の一つです。

蜜蝋キャンドル3本シン

もうすぐ街には桜が咲こうとしています。
春が訪れ、蜜蜂も活発に活動を開始する頃、このブルームと呼ばれる白い雪景色は消えてゆきます。
まるで山々の雪が溶けていくかのように、気温の上昇とともに見えなくなってゆくのです。

次にお目見えするのはまた雪の似合う寒い季節です☆

100%天然蜜蝋は、蜜蝋キャンドルという製品に姿を変えても尚、自然とともに息づいている。
そんな思いをはせながら、今夜もキャンドルナイトです♪

蜜蝋キャンドル販売←クリック!蜜蝋キャンドルのページへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
  にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。