2014年の冬至は冬至と新月が重なる日!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年の冬至は冬至と新月が重なる日!
特大リアクター蜜蝋キャンドル

2014年の冬至は特別です。
冬至と新月が重なる日を「朔旦冬至 さくたんとうじ」というそうです。
これは19年に一度しか訪れない特別な1日です。

なんと、6935日に1日の割合。

月の満ち欠けが29.5日周期。
冬至から冬至まで365日。

この2つのサイクルの中で新月と冬至がマッチする日が、明日、2014年12月22日です。

冬至は太陽の熱が地球に対してもっとも届きにくい日、とも言えます。
地球に対して角度が浅いわけです。日時計の影が一番伸びる日ということです。

そのため、冬至から、太陽が復活!してゆくという考えがあるわけですね。
つまり冬至とは、極限まで弱った太陽が復活していく最初の日です。

月も似たものがあります。月の満ち欠けの中で、新月は満月に向かって満ちていく。
新月とは、満月に向かって満ちていく最初の日です。

この2つの「最初の日」が重なる日、それが【朔旦冬至】(さくたんとうじ)ということ。
そんな特別な日の明日は、重量12kg!の特別な「特大リアクター3本芯」に点火したいと思います。

みなさんも素敵なキャンドルナイトをお過ごしください☆

蜜蝋キャンドル販売←クリック!蜜蝋キャンドルのページへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
朔旦冬至、初めて知りました!
タブラ様

いつもありがとうございます(*^^)v

こんにちは。明日が、特別な冬至であることを、教えてくださり、ありがとうございます。

特別な特大リアクターの写真、ぜひぜひまた見せてくださいね。楽しみにしております。

スペシャルな特大リアクターで、明日もスペシャルなすてきな1日をどうぞお過ごしくださいませ♬

ありがとうございますi-73
2014/12/21(日) 13:59:40 | URL | Olivia Candle Sunshine☆彡 #iBbSDt2Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。